東京の事情・・・・・鉄骨上棟

渋谷の5階建ての商業ビルが上棟しました
何と、確認申請に半年も掛かり・・・・もの凄い強固な基礎工事を経て・・・
今日の建設不況はまさに官製不況なのであります・・・

この間、マンションメーカーや不動産業者がバタバタと倒産・・・もはやよっぽどでない限りマンションは其の価値を失ってしまいました
いったいこの国はどんな方向へ向かっているのでありましょうか・・・
c0038611_17273112.jpg

大体70トンくらいの規模のS造の5階建て、一部住居スペースがあります
鉄骨は1週間くらいで建て方が済むので工期は短縮出来ますが、後の仕上げに掛かります
・・・・ここ最近は異常な鉄骨の高騰で、消費者の鉄離れというか、高値でコストが大オーバーで計画中止が相次ぎ、その挙句に鉄冷えで今度は需要が全くといって言いくらい激減・・・


c0038611_17345461.jpg

鉄骨工事とは、とても安価で工期が短く、商業ビルには最適でありましたが・・・・
今やRCとコストが同じ位の状況で、スパンが要求されなければRCが選択されるようになって来ました

最近また都内への交通渋滞がなくなりちょっとスムースな感じであります
夜のレストランや居酒屋も思いの外、空いてきました・・・・・気のせいかも知れませんが・・。
とは言っても、このような小規模ビルは需要がそこそこにあり、工務店の腕の見せ所なのであります。
よく、「佐久間さんはビルもやるんですか?」こんなこと聞かれるのですが、本来は鉄骨やRCが出来ない工務店は一般に云う建設業者ではないのであります!
敢えて言うならば、建築業者という方が当っているような気がします。

近頃は上場企業が簡単に潰れる時代で、どこに頼んで良いかまったく分からない時代になって来ました。
我社は今年で設立50年になるのでありますが、派手な投資もせづ口コミだけの営業で住宅事業やリフォーム事業を行い、言うなれば「手間のかかる面倒な事も、コツコツと積み重ねる」
スポットの浴びない、ただ単にバカ正直な施工業者であります

・・・あのD社の社是にあるような「得する道と損な道があれば、損な道を行け!」
とまでは行きませんが、実業で夢のある仕事をして生業を育むのがやはり最良の道であると思うのです・・・・・。
by sakumans1 | 2008-11-15 18:12 | 会社