散餅銭の儀・・・・餅撒き

二所帯で計画の「市川の家」の上棟式に、是非お餅を撒きたいという事になり五色飾りの上棟となりました
当日は天気予報では雨でしたが、見事な青空となり上棟日和でありました
c0038611_1665045.jpg
二日前から上棟していたので、作業は屋根の下地も貼り終え、2Fの床もステージが出来ておりました


c0038611_1694730.jpg
神事も終り、そろそろ餅投げの時間となりました・・・4~5人の近所のおば様達がいるのみ・・。

一体どのくらいの人が来るのか心配でしたが、奥様が子供の友達を呼んであるからと、それを頼りにお待ちしてました



c0038611_1613449.jpg
開始5分前に人が集まりだしてあっと言う間に100人くらいの集団となりました
今度はお餅が足りるかどうかの心配となりました



c0038611_17145355.jpg
奥様の呼ばれた友達が集まるのを待っていましたが・・・・段々と下で待つ人達の熱気が伝わって来るのでした・・・早くやれ!とどの目も言ってるようでした・・。
充分引っ張った挨拶の後、一番大工、二番大工、そして棟梁の餅が投げられました


c0038611_17193829.jpg
最後の親餅の時には熱気が殺気に変わるくらいの迫力でありました・・・ちなみにこの取り合いに勝ったのは、最初から来ていたおば様でありました・・・・いざと言う時の女性のパワーの凄さです


ほんとうに素晴らしい上棟式となりました・・・どうしても餅撒きしたい!これは奥様の希望でありました。昔から近所で上棟があると、駆け付けて自分もお餅拾いしたから一度は絶対投げてみたかった。それと今までのお礼を兼ねて・・・との事でした。お子様達の小さな胸に貴重な家族の足跡を刻んだ一日でありました。

この日のために、お知らせして歩いた加藤君・・良い仕事をしました。ありがとうです。

この散餅銭の儀・・・素晴らしい感動でした、本当に楽めてまたやってもらおうと思います、参加の皆様には至らない事をお詫び申し上げます
by sakumans1 | 2005-10-15 17:59 | 会社