涙の竣工式・・・・突然の別れ

今年は年初めから悲報が続きました
中でも設計の沼尻チーフの余りに早い逝去の報には、驚天動地の信じられぬ事でした

彼の最後の作品が先日、工程通りに完成し竣工式を迎える事になりました
然しながら何とも如何ともしがたい急用の為、代表社員たる私は出席出来ませんでした
c0038611_18555533.jpg
本当に何としても出席したい竣工式でありました
沼尻チーフの会心の作でもあり、熱意の賜物であります


c0038611_18592572.jpg
最初の出会いから、そして設計の打合せ・・・・・足掛け2年以上に及ぶ時間を過ぎてやっと地鎮祭、上棟を迎え、そして完成の日になりました

その節には、ご丁寧に葬儀にも参列頂き、故人はもとより私共も感謝し涙いたしました


c0038611_1963095.jpg
樹の家の仕様が設計士の穏かな心根を感じさせます

お施主様の挨拶では、一同涙を堪える事が出来なかったとの事でした・・・
まさに感動、感謝でありました・・・。


完成したらおしまいではありません。
これからもっと、もっと太く永いお付合いを心に決意して、より信頼されるお付合いを改めて誓うところであります
ありがとうございました・・・・感謝・・。
by sakumans1 | 2006-04-14 19:31 | 会社