世界好景気・・・スケッチオブスペイン

その2
今、スペインは好景気だそうである。
・・・・S画伯が昨年スペインで亡くなった友人の資産整理に行った所、
6000万くらいで建てたアトリエが倍の値段で売れたそうである。
あの物価が安く、暮らしやすいスペインが今やバブルだそうな・・・・・何故だろう?
c0038611_18181360.jpg
EUの統合の影響だろうか?イギリスでも不動産投資は堅調との事である
・・・・日本だけが建設費がダウンしているとここ数年言われてきたのだが、本当にこれからは
資材の高騰と人材不足で上がって行くことは予想出来る



c0038611_1820990.jpg
今年に入って、お客様の流れが加速している様な気がするのは弊社だけだろうか?
先行きは金利の上昇と、資材および流通のアップ・・特にローンの上昇は絶対にありであるから
また、消費税のアップも予想される・・・。


c0038611_1823397.jpg

それと不可解なマンションバブル、これでもかと言うほどマンションを作って誰が買っているのか?・・今や家賃を払うのは、勿体無いとする営業に乗せられた20代だそうだ。
数年前はターゲットは30代であったから、今は20代、するとこの先はもう居ないのである!

すると中古マンションの相場は崩れる事が明白である。刃こぼれしたマンション、空き室が何%になるまで管理費はペイできるのであろうか?
そうなると余程立地にかなった所でなければマンションは難しいと考えるべきである。
何か纏まりの無いボヤキになってしまった・・・。

それにしても中国のバブルによって世界が好況なのかもしれないが、この温暖化の異常気象の歯止めをどこかでしていかないと、絶対に立ち行かないのである。
少しずつ出来るところから、植林と自然素材の活用、石油建材の不採用・・・
地球環境にやさしい家作り、この理念を忘れる事無く今後も貫こうと思います・・・。
by sakumans1 | 2007-02-26 18:34 | 会社