2005年 07月 01日 ( 1 )

よくリフォームで被害を聞くのは、ペンキ屋と瓦屋・・・。
このペンキ屋さんっていうのは、意外と素人商売が出来る。もっともその手の施設でミッチリ学んで来る方もあり、工務店を通して依頼するのは最も安心であり、安全である。

次に、瓦屋・・「お宅の屋根の瓦が割れてますよ、見てあげます。」こう言って屋根に乗せると、一式100万円の見積と、それまでしなかった雨漏りが急に、始まる。

・・・何故、引っ掛かるのか。それには共通したものがある・・・まずは、施工した工務店への不信感。「いや~ひどい仕事されてますね、手抜き工事です。」この言葉に、大抵の人が引っ掛かるから不思議である。
・・ちょっと不審に思って工務店に電話すれば、絶対に被害に逢わないのに、工事をされてから連絡を取るので、哀れな被害者になってしまう。


500万以上は業者登録が必要・・・これも、これだけではない!新築工事をやるには実際には登録として特定建設業の登録が必要なのだが、これもほとんどは一般建設業登録程度の業者が多い。
c0038611_17453221.jpg

新築工事での業者登録は結構大事であるにも係わらず、見落とされがちである。
優良工務店と言っておきながら、実際この登録を一般である所は実際には優良の定義から外れていると思われる。
・・・地域に密着した地元の工務店であります。・・今こそ声を大にして言うべき時が来たと思う!

実際、自分の目でその会社を訪ねて確認する、これが一番の近道なんであります。
by sakumans1 | 2005-07-01 17:49 | 日本の心