カテゴリ:日本の心( 148 )

税務署・・・・納税表彰

長年の納税経歴を評価され納税表彰を受けました
地域社会に貢献する・・・と言う事は・・
やはり肝心なのは納税の義務を果しているかどうか・・・
c0038611_1110155.jpg

といってもそんなに自慢するような納税をしている訳では・・・・
長年の法人会での活動と支部でのボランティアが評価されたのでは・・



c0038611_1114095.jpg

何と税務署長と同じ年だとか・・・・
お若いですね~と言ったものの、やはり苦労と貫禄が違う!一目瞭然であります

千葉東法人会に青年部で入って20年くらい経ちました
隣に居る鈴木さんもその時からの先輩、みんなよく頑張った!!
入ったきっかけは「佐久間君、署という名の所とは仲良く・・」でありました。
さあ、今年も追い込みで頑張ります!!!
by sakumans1 | 2012-11-17 11:29 | 日本の心

最近のドライウッド土佐会の作品を見学に行きました
最近新設された高知駅の隣に出来た「龍馬伝」幕末志士社中とさてらす

c0038611_176791.jpg
木造の金物工法で土佐材を見事にアピールしています


c0038611_1793827.jpg
壁に貼られたリョーマの休日・・・どこか軟弱な感が・・・


c0038611_17125153.jpg
どうもメインポスターはこれらしいのです運転手は尾崎正直高知県知事
後ろは観光特使の白田久子さん


c0038611_18405934.jpg
新設の高知駅
何やら鯨に似ているのでクジラの何とかと言うらしいです


c0038611_1848238.jpg
ドームには木板と大断面の梁が強烈な印象を与えていました


やはり高知県おもてなし課、観光立県ここにありでありました
何とか土佐の物産をセールスしようとの意気込みを、それと何よりも土佐を愛し、そして龍馬を尊敬する高知の人々の思いが伝わって来ます。
とさてらすのリポートはその3に続きます
by sakumans1 | 2012-06-13 18:58 | 日本の心

高知に行ったのはもう10年以上も前になってしまった
その時は橋本大二郎さんが知事で・・・

時期尚早で提携事業は頓挫・・その後、樹の家事業でも頓挫・・
そして今また再チャレンジで高知県との提携がスタートしました
まさに小説の高知県おもてなし課のようなストーリーであります・・。
c0038611_1157043.jpg

遥遥と嶺北の山に分け入り、間引きし枝打ちされた森と手入れのない森の姿を視察
上部は経済林で、枝打ちが堆肥になる下部は環境林として森が保水力を持ち
それが緑のダムとして自然が維持される・・・


c0038611_129449.jpg

まさに針葉樹・・・間伐、枝打ちされると足元にも太陽が当り低木も育つ


c0038611_1215576.jpg

こんな山道を行ける所まではバスで、そして最後は登って行きました


c0038611_1226762.jpg

バスで登る林道は途中落石もあり、また片方は深い谷・・・
まだまだ下見の段階なので何があるか分からないアドベンチャーツアーの様でヒヤヒヤでありました。
・・余談ですが、こんな道通るのは初めて聞いてないよ!と運転手が怒ってました

高知の木を使って住宅を建てるとエコポイントを高知県から貰える
それと建てる人に高知県が旅費を折半で負担してくれる・・うれしい話であります
・・何と言うおもてなしの心でありましょうか・・・

なかなか山歩き、澤での源流の冷たさ、まさに森林浴を体験する。
これを通してマイホームの事業が如何に循環型の自然のサイクルに貢献するのか分かって頂きたい!!
と高知県の職員が言っておりましたが、まさにメイドインジャパンこそが日本を支えるのであります”
  ・・・日本の家は日本の木で建てなければ「いかんぜよ!」・・・
by sakumans1 | 2012-06-12 12:45 | 日本の心

海開き

今年も海開きの季節となりました
建設4団体の恒例となった稲毛の浜の清掃を土曜の午前に行いました

まずは市長の挨拶!
c0038611_16325139.jpg

総勢500名程の建設業の従事者とその家族が集います


c0038611_16345299.jpg

今年はスローガンも出現
東北復興の勢いで元気にしよう建設業!!


c0038611_16531173.jpg


凡そ2時間の作業ですが天気は酷暑!
歩くだけで汗が滴り落ちます


c0038611_16403730.jpg

天気晴朗なれど波高し・・・・うねっています
東日本大震災の影響でしょうか、浜辺にだいぶ死んだ魚やイカが打ち上がっており、かなりの腐敗臭がありました・・・・気仙沼でのあの臭いに近いもので、海は繫がってるのかと思いました。


c0038611_16463562.jpg

いよいよ終了!
お腹も空いたところでお弁当が配られました

これだけのボランティアを集められるのは、やはり建設業を於いてはないと思います。
いざとなったら自衛隊と建設業・・・国家を支える基幹産業であります、諸君頑張ろう!!!
by sakumans1 | 2011-07-11 16:54 | 日本の心

まとめ
いろいろ出る事が多く纏めに時間が掛かってしまいました・・・・。

あらためて、南三陸町の防災センター
c0038611_17342418.jpg

被災したミキさんの車のようです・・・お手紙とお花が供えられていました・・合掌


c0038611_17384326.jpg

無常無念の現実がありました・・・・・ご冥福をお祈りいたします


c0038611_1743451.jpg

この山の上に小学校があり、ここを駆け登って逃げたそうです
すぐそばには川が流れており、逆流した津波が押し流し押し登って行く・・考えられません


c0038611_1751549.jpg

廃墟の様な石巻港


c0038611_1863528.jpg


石油タンクが水に流され浮き上がってしまったとの事


c0038611_17554289.jpg

米軍の強大な力で早急に復旧した仙台空港


このあと高速を通り海岸沿いを通れる所まで走り、それから迂回路で山間を走り福島に向かいました
原発の地である福島・・・避難した街には泥棒が・・
自衛隊の初期活動が的確であり、その為に2万人以上の人が助かったと言われておりました。何よりもいち早く道路が確保された事、そして東北自動車道が通行可能である事が最大の効果であるように言われていました。

日本人は85%の人がメディアを信じるのだそうですが、かの国イギリス人の85%はメディアを信じる事はないそうです。近頃の一方的な放射能数値、原発報道・・・メディアまでが想定外では・・自分の目で見る、この事の大切さをあらためて感じました。

信の無き役人国家を今に見る 及ぼす害は瓦礫に勝る
by sakumans1 | 2011-06-28 18:23 | 日本の心

気仙沼から次に石巻に向かいました
c0038611_18125715.jpg

街道のGS、この様な被災があちこちに見られます
車の渋滞で逃げ遅れた人達が、スタンドの屋根に上って助かったと言っておりました


c0038611_18172192.jpg

風光明媚な三陸鉄道も無残な姿を晒していました
元の風景は・・・何もかも洗い流されていました


c0038611_18202160.jpg

川沿いの集落は予想以上に破壊され尽くしていました


c0038611_18221865.jpg

南三陸町です
沿岸の平野一帯・・・まるで戦場の跡でした


c0038611_18251272.jpg



c0038611_18283562.jpg


この病院の3階までも津波は押し寄せたようです


c0038611_18323937.jpg




c0038611_18333690.jpg

防災対策庁舎には慰霊のお供えがありました
最後まで職務を全うされたミキさん・・ですか、ご冥福をお祈り申し上げます
by sakumans1 | 2011-06-16 18:36 | 日本の心

3月11日を境に日本が変わってしまった

建設関連で言えば
この日までに工事が完了していた工務店はセーフ
年度末で、住宅設備等や断熱工事等が未完成であった会社はアウト
何しろ完了検査を受けて合格していなければ最終ローンの手続きも出来無い為、ユーザーも建設会社も契約が被災した工場の回復をいつまでもまたなければならない現状となりました

幸いにも我社はセーフであり、まさに神に感謝であります
そして、それ以後の工事に於いても意味無く延期する事無く工程通りに・・・
多少の資材の手待ちはあるものの・・・・順調であり心より感謝しています

東北関東大震災が、何故か東日本大震災となりその被災規模が壮絶で・・・・
世界では日本の半分が駄目になっている、そんなダメージを与えているのでは?
実際に自身の目で直に、本当の姿を見て来ようと・・行って参りました!
c0038611_1322398.jpg

朝一番の東北新幹線
がんばろう日本!・・結構満員でした~横須賀快速も満員・・みんな朝早くなってきているのかな、これで「いちのせき」まで乗車しました


c0038611_13284851.jpg

最初に気仙沼に行きました・・・丘に上がった艦船
現地の人が「今頃来ても遅いよ、もう自衛隊も帰ったし殆ど片付いたよ・・・。」
瓦礫も所々に集積され車もそれなりに通れます


c0038611_13333728.jpg

自衛隊の活躍で道路は確保され、瓦礫も集積されていました


c0038611_1412737.jpg

気仙沼庁舎・・・三階まで津波は押し寄せてきたそうです


c0038611_14103720.jpg

積み重ねらっれた車のスクラップ、これに人が乗って流されたとの事。赤で丸と×が書かれ遺体の有無が示されていたそうです・・・・。


c0038611_1418419.jpg

地盤が70センチは沈んだ・・・市場は満潮で波をかぶっていました


c0038611_1422967.jpg

腐敗した生魚などを沖合いに投機するための積み下ろしをしています
もの凄い悪臭が廻りに漂っていました
・・・・つづく・・・。
by sakumans1 | 2011-06-15 14:29 | 日本の心

ただ黙々と・・・・榊

松田刀匠がある時「榊とはただ一身に青々している木であれば何でも良い・・。」
このところ、スーパーでの榊は中国産なのかお供えして一日で枯れてしまう・・・
それならば、と言う事で社内の敷地にある山茶花をお供えしてみました
c0038611_18123431.jpg

お供えしていたら、元気良く新芽が伸びて何と一ヶ月以上も隆々としています


c0038611_181956100.jpg

何やらかえるのが惜しいほど元気がよいのであります
そういえば、今年は社内の銀杏が一段と青々して隆々としています


c0038611_18223846.jpg

地震と原発の毎日の不安な報道にもめげず、自然は毅然と雄大に再生を計っている

そんな思いが感ぜられます・・・。
家をたてるなら地盤の良い所に建てなさい!・・・・昔の人の言った通りの現実が今や目の前に実証されています。近頃は東京に行くと用が済み次第、まっすぐに帰りたくなります。この一極集中の都会に地震がまた・・・常に災害は起こりうる!そんなディフェンスを持って、家つくりは行うべきかとつくずく最近は感じるのであります!
by sakumans1 | 2011-04-28 18:35 | 日本の心

法人会の広報の役員をしている関係で
広報誌に趣味についての記事を依頼されました・・・・。
さて、どうしようかと思いましたが恥かきも勉強のうちと
一文を寄稿いたしました・・・・。
c0038611_939381.jpg


私の趣味  しきなみ短歌会  
 
 故秋葉佑夫法人会副会長の勧めで参加した倫理活動の一環に、しきなみ短歌会という、
「短歌によって生活を浄化し個性を発揚し、もって芸術の奥堂に参じようとする歌の友の集いとする。」何やら壮大ではあるが、単純に短歌を楽しむ集いに5年前に参加したのが始まりでした。

五七五七七の三十一文字に込めた心の情景、上の句と下の句に見る転結、ましてや迷う心で歌を詠むうちに心が納まり開かれる体験は浅学学な私でも貴重な心の勉強でありました。

今は昔、万葉の時代に天皇から庶民までのあらゆる階層の人々が和歌に親しみ詠んだ万葉集、そこには生活の潤い人情の機微そして恋の歌までも納められていました。
(本居宣長が40年の歳月を掛けて解読したという・・・。)

今から1250年前詠まれた大伴家持の万葉集最後の歌
新しき 年の始めの 初春の 今日降る雪の いや重け吉事

新年のこの降る雪のように良い事が重なる年でありたい・・・・。

然しながら国難の時代へ
この稿を書いている時に東北関東大震災がありました、心からお見舞い申し上げます。

天地裂け阿鼻叫喚の地獄絵図ただ一心に冥福を祈る

一瞬で無常無念に呑み尽くす東北の地に春は虚しく

                          合掌
by sakumans1 | 2011-03-31 09:40 | 日本の心

マカオ市内の観光・・・といっても半日で終わります
今年3月にオープン予定のホテルオークラ、日本の名前を見ると何だかうれしい~
c0038611_1803894.jpg

完成したら、また来て見たいです


c0038611_1831667.jpg

外壁だけが残っている・・・中は木軸組みだったんでしょうね


c0038611_185694.jpg

裏はモルタルで固めて・・・・


c0038611_1873960.jpg

綺麗な街並み・・・・世界遺産かな・・・


c0038611_1885333.jpg

事件発生
バックは絶対に前に持つこと・・・こんな説明が何度かありました
ずっと観光廻りの後を付け狙っていたスリの一団が、友人のリックから財布を抜き取り仲間に手渡しました。気がついた友人が思わず咄嗟にスリの手を捕まえましたが、持ち去られました。押さえた瞬間を捉えたショットです。捕まえた方もビックリ仰天!
手にダウンを下げているのがスリ・・・


もの凄い力で手を掴み放さない・・・ツアコンが警察を呼び引き渡しました。
それからが大変、警察署に行って被害届を出し、訴えるか聞かれます。年間3000件近くのこの様な犯罪が起こり裁判になるのは2件であなたが3件目・・・そんな話でありました。
絶対に起訴する!それで3件目になりました。裁判になるとマカオ政府の費用負担で呼ばれて出頭し証言するとの事でした。


いつも泣き寝入りする日本人・・・スリは中国から来たプロの集団、流石にマニュアルが確りしているようで、集団で目隠しを作りサッとスル、捕まっても暴れず現物は仲間に素早く手渡し、証拠を残さない・・・・・財布のカードを則停止しましたが、30分の間に限度50万が使われていたとの事でした。法人ゴールドカードでしたので殆どの被害はありませんでしたが・・・・
成り行きとはいえ泥棒を捕まえる!久々に日本人のサムライを見た様な気が致しました。
やはり、こうあるべし・・・危機管理を忘れる事なく、危機に際しては体を張っても道義を貫く事は国際常識であると思うのであります。
by sakumans1 | 2011-02-05 18:36 | 日本の心