7年目のリニュアル

ラフォーリアの吹抜けを塞いで、ファミリータイプのプランにリニュアルしました
メーターモジュールが当時の画期的な試みでありました
c0038611_185630.jpg

今またOMソーラーがエネルギー自給住宅として再評価されています


c0038611_187413.jpg

ただいま工事中です、8月には家族滞在型の体験宿泊施設としてオープンします


c0038611_1894778.jpg

年を取るにつけ愛着が沸いてきます
何度目のリニュアルかな・・・その度にその時代のニーズに向かって進んでるのかな~



今恐ろしいくらいに職人、職方が激減して行きます。
日本文化の伝承と言えば大げさな感はありますが、家作りのあらゆる職方が廃業や転職をして行きます。地域の生活や文化、商店など地域社会を支えてきた人達を少しでも支える気持ちが、日本人の教育に根本的に欠けていると思います。もう一度地域のコミュニティーを再構築する町作りを皆で取り組もうではありませんか・・・工務店はアナログなお世話役に徹します・・と思います。
by sakumans1 | 2011-07-25 18:24 | ラフォーリア誕生

この所涼しい風が・・・・時折スコールと雷が・・・
異常気象でしょうか心配です

先日の土間クール、誰もいない家で一生懸命働いています
ほんとうに不在の住居にはこのOMシステムは最適だと実感します!
c0038611_17522623.jpg

ますます愛着が湧いてくる空間です
今日も26度でしたが、北側の外気は25度で夏も終わりの感jです


c0038611_1757041.jpg

よしず戸から外のガラリ雨戸が透けて見えます


c0038611_1759124.jpg

樹の家の佇まい・・・・町の中のスケッチ画・・・・そんな風景を感じます

家族と共に歴史を重ね時を積み重ねて行く樹の家
呼吸するOMシステムがまるで生きて鼓動しているような樹の家
やはりこの家は素晴らしい・・・実感するのであります!!! 
百聞は一見に如かず・・・是非ともご覧下さい!!! 
by sakumans1 | 2008-08-22 18:19 | ラフォーリア誕生

樹の家「ラ・フォーリア」に土間クールを取り付けました
何とか夏対応のソーラーハウスが出来れば・・・・そんな思いは皆がずうっと待ち望んでいたものであります・・・・単純に、北側の涼んだ風を土間に送ったら・・・・・。
c0038611_12351884.jpg

ちょっと西側になりますが、家事コーナーの足元に取り付けました


c0038611_12372761.jpg

今日は久々に30度をきった日でしたが、部屋の中が冷んやりとしていて・・・・そう洞窟に入ったような・・・あの感じでありました


c0038611_12413137.jpg

北側(陽の当らない)外気温との温度差が3度、南側だと5度くらいありそうな気がします
湿度がなぜ高いのか・・・・?



いつも閉めっ放しですが、いつも温もりのある空気を感じるラフォーリア・・・・
この湿った日本の夏には最適のソーラーアイテムになるのではと期待して毎日検証しています・・・。

皆様もぜひ体感して下さい・・・・百聞は一感に如かず・・であります
by sakumans1 | 2008-08-19 13:01 | ラフォーリア誕生

2007年のラフォーリア

我社のコンセプトハウスであるラフォーリアのリニュアルが完了致しました
土曜日の健康住宅の勉強会に合わせて無事オープン出来ました!
c0038611_17521977.jpg
天井一杯の間仕切りを設けました
これにより、玄関からのリビング入口を代えました


c0038611_17552384.jpg
廊下スペースがプライバシーを守ります
新規のグラスライトを使用した建具です


c0038611_1812766.jpg
オープンキッチンにはアール型のテーブルスペースを設けました
充分家族の食事に対応します



c0038611_17573064.jpg
今回の最大の目的である空中回廊としての書斎スペース
瞑想に耽るには充分過ぎる・・・お父さんの為の感謝の部屋であります!


c0038611_1844283.jpg
まさに木に囲まれたスペースであります
天井高さが2100くらいでも充分、居室としての容量を満たしています
是非、天井の高さを体感して下さい


c0038611_1873263.jpg
もう一部屋間仕切りして設けました
4帖くらいのスペースですがロフトがあるので狭さを感じません



杉の家としてのコンセプトハウス・ラフォーリア
在来工法は進化するのであります!建てたらそこが完成で、後は下降する化学建材の家とは大きく違います。
その住まう人の年代に合わせ、いくらでも対応出来るのが日本人独特の在来の家であります。
数十年先に本当の価値を見出せる絶対の自信を持って提案いたします!!!

それにしてもソーラー住宅は暖かいのであります・・・太陽の棲む家はありがたい!!
by sakumans1 | 2007-02-01 18:20 | ラフォーリア誕生

ラフォーリアが雑誌にのりました・・・プロのカメラマンってやはり唸らせます・・
千葉で家を建てる・・リクルート社です
c0038611_14411198.jpg

コピーのコピーになってしまいましたが、ふるさとの森の感じが・・・


c0038611_1443658.jpg

今月は都賀の台での現場見学会があるため、このラフォーリアでの勉強会は来月となりました

ラフォーリアでの相談会では、リフォームのお客様は半径5キロ圏内での対応と選定して、地域に貢献したいと考えます



そろそろ個人情報保護法案との兼ね合いで、近日中に環境宣言をHpで立ち上げようと思っております・・・・営業とは建てた後から始まる!・・・強い絆で結ばれた信頼を、頭ではなく、腕でもなく、足の裏で築きます・・・。
by sakumans1 | 2005-06-17 14:57 | ラフォーリア誕生

ラフォーリアにて住まい塾を開催しました
女性設計士による・・デザイナーと言うべきか、デザインと工務店との新しい融合を目指します
c0038611_1895798.jpg

月末でしたが、ホームパーティー形式で集まってもらいました



c0038611_18201926.jpg

ちょっと遅れて行ったら、もう女性講師の話は終っていました
今回は家相の話でありましたが、結構ナーバスなテーマのせいか次回も継続となりました



c0038611_18241990.jpg

女性講師を撮るつもりが、事務長の挨拶の時間でした


この次から徐々にスタッフを紹介しますのでよろしく・・・。

デザイナーズ宣言
お客様側の不満・・・設計事務所にこれだけの予算でお願いしたいと頼んでも、常にオーバーである。それもかなりの額となっている。・・・設計事務所の多くは、積算する機能をもっていないからである。

お客様の要望・・・デザインを設計に求めるのである。オーダーするにあたり、多くは決して高級な単一品ばかりを求めてはいない
コストは仕様が特注ではなく普及されているかの度合いで決まるのである。・・この専門家は工務店がベストである。
by sakumans1 | 2005-05-30 19:08 | ラフォーリア誕生

連休最後の土日にプレオープンしました。
本日は朝からの雨・・・・OMには持って来いの最高のチャンスの日和であります

c0038611_18285271.jpg

午前中の協力業者の感謝の集いを終え、いよいよオープン

と言っても、近所のお知らせと見込みのユーザーだけの限定オープン



c0038611_18311673.jpg
段々と空も明るくなって来ました

手作りのパンフレットも何とか間に合いました



c0038611_1833137.jpg

雨上がりの緑は、心が癒されます


この後、切れ目無くいつもの様に・・・・本日は久々にみっちりと仕事しました





見学希望者はココをクリックの上、Hpへどうぞ
by sakumans1 | 2005-05-07 18:38 | ラフォーリア誕生

la fogria・・・・誕生

いよいよ体感ハウスが出来上がりました
呑気な話で、パンフレットも揃わないのでグランドオープンは5月の下旬に・・の声も・・

c0038611_1527992.jpg

杉板の肌が何とも言えません・・メイプルのカラーはやさしい樹の温もりを感じます

やはりホワイトの片開き窓が強烈でした



c0038611_1534335.jpg

ここのテーマは・・・ほんとうの樹の家を建てるなら一度は見ないと後悔しますよ!

樹の家は建て主参加型で提案します

ネーミングを替えました・・・「LaFogria   ラフォリア」 都会に舞い散る木の葉  

夏に向けてのOMの体感が楽しみです・・・・


見学希望の方はここクリックの上、Hpにて申し込みお願いします
by sakumans1 | 2005-04-28 15:46 | ラフォーリア誕生

リニュアル・・・木板

良いお天気になりました
外壁の板貼りがスムーズに進みます・・・塗装屋さんも入って来ました

c0038611_1974418.jpg

この杉板の素材感が何とも言えません・・・裏地が表のようなハードな板です




c0038611_1910079.jpg

出来るだけ色あわせして注意して貼るのですが、何枚か貼り直してもらいました



c0038611_19144136.jpg

外部の木部は3年くらいのサイクルで補修が望ましいところです
そう考えると、梯子で届く範囲の木部が手入れにはもってこいと言うところでしょうか・・・・。


見学希望の方ここクリックの上Hpへどうぞ
by sakumans1 | 2005-04-21 19:22 | ラフォーリア誕生

自社の仕事ほど楽しい事はありません・・・どうしても一つイジルトまた一つとなります
しかし、思いの他スムーズには進まないものです

c0038611_11341769.jpg

と言いながらも、一日一本のペースでサッシが付きます・・・待ち遠しいものです

縦軸の樹脂サッシはやはりグレードが一段上で好印象を与えます



c0038611_11384567.jpg

連装に並べた滑り出しの窓・・・・グリッドのモジュールの中で強烈なアクセントを与えます



c0038611_11413763.jpg

中々よろしいので、ロフトにも付けて見ました・・・どんどん仕事は増えて行きます








確かに、これなら喜ばれる!・・・本物の樹の家のプロデュース・・・さらに力が入ります
by sakumans1 | 2005-04-20 11:52 | ラフォーリア誕生