ラフォーリアにて住まい塾を開催しました
女性設計士による・・デザイナーと言うべきか、デザインと工務店との新しい融合を目指します
c0038611_1895798.jpg

月末でしたが、ホームパーティー形式で集まってもらいました



c0038611_18201926.jpg

ちょっと遅れて行ったら、もう女性講師の話は終っていました
今回は家相の話でありましたが、結構ナーバスなテーマのせいか次回も継続となりました



c0038611_18241990.jpg

女性講師を撮るつもりが、事務長の挨拶の時間でした


この次から徐々にスタッフを紹介しますのでよろしく・・・。

デザイナーズ宣言
お客様側の不満・・・設計事務所にこれだけの予算でお願いしたいと頼んでも、常にオーバーである。それもかなりの額となっている。・・・設計事務所の多くは、積算する機能をもっていないからである。

お客様の要望・・・デザインを設計に求めるのである。オーダーするにあたり、多くは決して高級な単一品ばかりを求めてはいない
コストは仕様が特注ではなく普及されているかの度合いで決まるのである。・・この専門家は工務店がベストである。
by sakumans1 | 2005-05-30 19:08 | ラフォーリア誕生

懇親会では思わぬアトラクションを用意しました・・
・・私と同じ世代、と言ってもひと回り人間的にも、肉体的にも上である支店長の独奏会です

c0038611_944349.jpg

名器マルセロ・バルベロ・・これぞスペインの伝統であります


思わぬギターリストの出現に、それも奏でるギターは200万のローン(勿論千葉銀ローン)を組んで奥様に内緒で購入したバルベロ・・・・毎晩此れを膝に乗せて・・・

久し振りの演奏で、指が震えてしまって・・・・腕のせいでは有りません、歳のせいです・・この解説に思わず爆笑でありました。


c0038611_107088.jpg

趣味とはいえ、やれと言って出来る物では有りません・・一歩前に出る心の持ち主であります



この支店長・・私と悩みも趣味も、共通したものがあります・・・その差は可也のものですが・・

前田日明さん曰く・・・運が有るか無いかは、良き人との出会いが有るか無いかである・・
  この日の良き出会いに感謝するところであります・・ありがとうございました。
by sakumans1 | 2005-05-28 10:21 | 日本の心

たたらを溶かすのに、炭の燃焼を用いる・・・しかし明治以後の近代産業においては、石炭を用いるようになって行き、たたら製鉄は廃れて行く。  
c0038611_195395.jpg



炭は多くは松などを用いたが、備長炭などの樫の木が最上とする。 この炭によるたたら製鉄が低温還元を生み出していく・・・・これぞ700年前のハイテクであり、現代でも高速カッターなどの最高の技術では、これと共通したものがある。


c0038611_1961675.jpg

この日本刀に見せられる人々・・・日本人のDNAに響きわたる


物は生きている・・・・万物生々・・・そこに日本人の精神性を感じる



c0038611_19102964.jpg

懇親会にて・・・松田夫妻・・・素晴らしい奥様であります。鑑定においても、ご主人の御教授で一流であります。


頭取との義経談義で盛況でありました・・・良き出会いに感謝するところであります。
by sakumans1 | 2005-05-27 19:22 | 日本刀

松田刀匠の講話は一時間ほどのものでした
然しながら、「何か質問はありますか?」の問いに次から々と切れ目無い質問が飛びかい、その興味の深さを改めて知るところとなりました。

c0038611_18271330.jpg

松田刀匠が手にしているこの作品は、平成8年に初めて小乱れを完成させ、その古刀の再現を見事に可能にした傑作である

しかし、この作品を評価したのは日本の刀剣界ではなく、イギリスの刀剣会がいち早くその見事さに評価を与えたのである・・・それ以来、松田刀匠は現代のレベルを超えた領域へと進む

それ以後の鑑定会では松田刀匠の作品は、鑑定評価のレベルを超えてしまった・・・何故なら、鎌倉時代の古刀に勝るとも劣らないものであるから・・。


c0038611_1836483.jpg

鑑定の作法を教えてもらい、直接自らの手にとって見る参加者・・・貴重な体験でした


c0038611_18545272.jpg

では、鎌倉時代の刀は3尺3寸の大刀・・これを当時の人は使えたのでしょうか・・・・
この問いに、「元来日本人は、その道具に合わせて体を鍛えて技を磨いた・・」そこに日本人の特性があるのではないか・・。

初めて日本刀を手にすると、ずしりとその重さを実感すると共に、素直に振りやすいバランスを感じるのである。



c0038611_1951071.jpg

この記念すべき60回例会に松田刀匠をご紹介できた事に感謝を申し上げました

当日は竹山頭取も出席され懇親会では「源義経が何故戦いの天才であったか・・」この話を松田刀匠と懇談され、当時は大将の一騎打ちであった戦法を雑兵、小姓をも先兵とした武勇の話で盛況でありました
by sakumans1 | 2005-05-25 19:13 | 日本刀

千葉銀行協賛のユースフォーラム・・・千葉の文化を作る会・・において
松田刀匠による日本刀の講演会を開きました

c0038611_8522656.jpg
鎌倉時代の古刀の文化的な価値・・・武器であるが、それ以上に美しくなければ価値がない




c0038611_85447.jpg
日本刀の精神性、実用性、神秘性・・・然しながら、最先端の化学と技術の結晶である


c0038611_8584026.jpg
数によって値段がある訳ではない、その美術的価値のひとつ々の評価によって値段が付けられる




c0038611_8573219.jpg
タタラから凝縮された玉鋼が取り出される・・・その製法は現代の知恵を持っても、再現が難しい
by sakumans1 | 2005-05-21 13:31 | 日本刀

出張・・・虎刈り

ちょっと伊東まで総会で出張してました

c0038611_19135885.jpg
事務所の植木が、極端に短く刈り込まれていました
何か物凄い虎刈りの様な風景であります

ぎょっとしました!


c0038611_19155834.jpg

然しながら、思わぬ仕事が次々と舞い込んでくるのです・・・・?



c0038611_19173029.jpg

まさに出るのが先・・・出すのが先・・・片付けが全て・・出さなければ、入って来ない



c0038611_19214815.jpg


三好先生の小さな事から会社は変わる・・・挨拶・返事・後始末

整理する・・風通しを良くする・・・まずは捨てる・・おしえの実践であります。

このおしえが値千金の効果を生みました・・・。是非実践するべきです!
by sakumans1 | 2005-05-19 19:29 | 会社

このお宅で竣工式を行ないました

c0038611_1847199.jpg

広いリビングで式典を行ないました



c0038611_18492427.jpg

雨戸は、モデルのラフォーリアと同じスタイルで木製で作りました



c0038611_18505266.jpg

向こうに見えるのは高速に繋がるバイパスです・・何とも長閑な田園風景です

ここは有名なゴルフ街道です
by sakumans1 | 2005-05-14 18:55 | 会社

鎮守の森の樹の家

鎮守の森が遊び場、そんな環境にある樹の家が完成しました

c0038611_1835268.jpg

外構工事はこれからです



c0038611_18364733.jpg

マルチスペースというか子供達4人の勉強部屋兼遊び場

パソコンやテレビゲームにどう対処するか、オープンなスペースで遊ばせる事が良いと思います。



c0038611_18402361.jpg

子供部屋の仕切りは当分作らずに・・・上の女の子達の寝る部屋・・


c0038611_1843999.jpg

リビングは柱と化粧張りの表し・・・ここからオープンなデッキに続きます


c0038611_18461473.jpg

これくらい広いデッキは格好の子供達の運動場

ここから見渡す鎮守の森は、まさに田園そのもの・・・この風景が一番のお気に入りです

鎮守の森はふるさとの森・・・宮脇先生バンザイの人ここクリック
by sakumans1 | 2005-05-13 18:51 | 会社

静寂・・・佇まい

参道の中腹に位置する松田刀匠の鍛刀場
6月の良き日までに、通用門を計画しなくては・・・・・・。
c0038611_15571543.jpg
この参道は日蓮宗のお寺の玄関口であります




c0038611_15585067.jpg
心得のある刀鍛冶を称して、刀匠と呼ぶ・・・・これは尊敬をもっての呼称である
いつの日か、こちらがメインの玄関口になるかも知れない・・・



c0038611_1559373.jpg
山寺の森を背景として、ひっそりと佇む



c0038611_1603732.jpg
古の色彩を放つ鍛刀場


c0038611_1611014.jpg

いよいよ春真盛り・・・目に鮮やかな青葉・・・その日をじっと待つ
by sakumans1 | 2005-05-09 16:13 | 日本刀

連休最後の土日にプレオープンしました。
本日は朝からの雨・・・・OMには持って来いの最高のチャンスの日和であります

c0038611_18285271.jpg

午前中の協力業者の感謝の集いを終え、いよいよオープン

と言っても、近所のお知らせと見込みのユーザーだけの限定オープン



c0038611_18311673.jpg
段々と空も明るくなって来ました

手作りのパンフレットも何とか間に合いました



c0038611_1833137.jpg

雨上がりの緑は、心が癒されます


この後、切れ目無くいつもの様に・・・・本日は久々にみっちりと仕事しました





見学希望者はココをクリックの上、Hpへどうぞ
by sakumans1 | 2005-05-07 18:38 | ラフォーリア誕生