夏のOMが知りたい・・・これは非常に肝心な事であるのに、明快に答えを言っていないような気がします・・・。
実際、昼間は暑いのです・・・屋根裏の暖気を排出しますが、それでも暑い・・・・

・・・・ところが、最近の北棟及び当社の通気仕様で、猛暑の外から室内に入って来ると、ヒンヤリとするのであります・・・。これって感動ものであります!
c0038611_10375282.jpg


化粧梁表し・・・壁合板張り



c0038611_10403379.jpg

工事中の見学会に来た方が皆、ヒンヤリとしますねと好評でした



c0038611_10391941.jpg

やはり無垢材の高い天井そして塗り壁、これで養生が外れた無垢の床が出現すると、より清涼感が期待されるところです。



今週末の内覧と来週の特別限定内覧会で見学は終了ですので、是非お問い合わせ下さい
by sakumans1 | 2005-07-30 17:37 | 会社

大きな家・・・必需品

この所、小さな家にOMを付けて自然に住まう・・・これが主流になってきましたが・・・

しかし、本当は大きな家にOMを装備しランニングコストの軽減を計ると共に、どんなプランでもそれ程の制約無くマッチングするのが、このシステムの最大の長所なのであります・・・。
c0038611_185085.jpg

以前施工したオーナーの自宅であります

延べ坪が200坪で半地下がありました・・・上棟に4日かかり、中々棟が上がりませんでした



c0038611_18525440.jpg

サンルームがあり、広い居間は30帖くらいありました・・・OM対応の居間ですが、食堂も広いので来客のスペースとなり殆ど使っていない様です・・・でも底冷えする様な事はありません


c0038611_1857529.jpg
ビルトインのカーポート・・これが輸入の木製の為、結構故障したのですが、今は随分と改善されました



c0038611_18595670.jpg
廊下はギャラリーとなっていまして、ヒロヤマガタの絵が飾ってありました

良いショットが見あたらないので、今度撮って来ようと思います



本来のOMのシステムはあらゆるプランに対応出来る優れものであります。こんな大邸宅の空調設備はどうするの?・・・そんな時の最高の解決策なのであります
将来のランニングコスト考えたら200万位やすいもんだ・・・実際OMで良かった、こんなに厳しい時代が来るとは・・・これが今のオーナーの感想なのであります

ほんとスイッチを切って歩く時代にOMは無限に使える最高の贅沢品・・・喜ばれております
by sakumans1 | 2005-07-28 19:12 | 会社

ほんとうの「樹の家」

3年前に作った小冊子、ほんとうの「樹の家」をリメイクしました


c0038611_16582338.jpg

樹の家の第一号が表紙を飾ります・・・・打放しの樹の家・・真壁構造・・何となく読んでいると判って来るような感じでしょうか・・。



c0038611_174087.jpg
リゾートの家・・・なんてタイトルで売り出しました



c0038611_1743559.jpg
内部は木造打ち放し・・・スッピンの家、在来の持つ樹の香りが未だに消えない家であります


c0038611_1745665.jpg
この時ソーラータウンの発想があれば、随分と飛躍していたのに・・・
今からでもやってみるか・・・思案中であります


昨日、設計の野沢先生と話す機会がありました
先生曰く「今やセキスイなどのハウスメーカーが邸宅と言うようなものを建設していて、工務店は安普請の小住居を競い合って、必死の単価でやっているのが現実となってしまった。また、若手の設計士が住宅のカテゴリーから外れた単なるボックスの様な建物を、これまた新人類のような若夫婦が住まう現実。・・・内の職人は高い拘りの仕事しかやらない、そんな高級な工務店があったって良いと思う・・・最初の頃にOMに参加した工務店とやった仕事が本当に原点だし、懐かしいね・・。」

こんな話をしみじみと語られて居りました・・・・つくづくそうありたいと願うところです
by sakumans1 | 2005-07-26 17:33 | 会社

本年の日本美術刀剣保存協会の新作刀審査会において、松田次泰刀匠が受賞されました
高松宮賞につづく文化庁長官賞を見事射止めたのであります
因みに、次席であるという事はあらゆる発展の可能性が大であり、実力を其の儘評価されたものと思います
c0038611_1046189.jpg

有志による記念祝賀会を行いました



c0038611_10494100.jpg

今回の審査会に出展するにあったって、ご本人は迷いがあったが、奥様の鑑定の後押しがあり、それならばという事で出展されたそうです



c0038611_10551314.jpg

見事栄冠に輝いたトロフィーと賞状


c0038611_10564585.jpg

今回の作品は当社の建設した新鍛刀場で製作されたものではありませんでした。
これも次の作品で見事一位を獲得する為の序章であるのかも知れません。



松田刀匠の次なる目標は、最高峰の正宗賞や高松宮賞の受賞ではないかと思います
また、千葉県における重要無形文化財との声もあり、今後の発展がより一層楽しみであり、より現実を帯びたものとなって来ました。

我社で建設した鍛刀場に外国からのお客様をお呼びし、そこで日本の伝統美術を語る・・・
今や舞台は整いました、次の最高峰の栄冠を射止めるのみであります

・・・・今発注した日本刀が、栄冠を獲得するかも知れません・・・刀が無くては武士道は語れないのであります・・今のうちのご用命をご推奨申し上げます。
by sakumans1 | 2005-07-22 11:34 | 日本刀

真夏の地鎮祭

本日は炎天下の下、真夏の地鎮祭となりました
昨日よりは気温が低めですが、昼下がりの一番暑い時間帯となってしまいました

c0038611_16241261.jpg
敷地が駐車場の跡地であり延べ100坪以上あるので、マンションの建設の起工式みたいな印象でありました



c0038611_16261670.jpg

気合を入れて「えい!えい!えい!」と鍬入れを行ないました




c0038611_16302190.jpg
隣のお庭がとても素敵でした・・・・昔見た風景がそこにあったので、おもわず撮りました。カシの木でしょうか・・・シイ、タブ、カシ・・これしか思い浮かびません・・。

前がメゾネットの集合住宅なので20軒くらいありました・・・・お客様係りの加藤君がここぞとばかりご挨拶廻りをしました・・。見学会が楽しみであります。



里見八犬伝で有名な中山の辺りは、思った以上に昔の情緒が残っていました。・・・物凄い門構えの古い邸宅が並んでいます・・・一軒工事が出ると不思議に市川方面の仕事の話が降って沸いて来るのが不思議であります。

本日の神主は八幡神社の宮司でありました。「よく神社の境内を通り市川学園に通いましたよ・・。」我が母校・・・今は随分と優秀になって内の子供達は入れませんでした・・・これって結構複雑な気持ちです。
因みに、学園長は昔古賀米吉、今は古賀正一・・・・・・・どっかで聞いたような?、なんでも東芝の副社長であったとか、昔は男だけの良い学校でした・・少ないをすけないと言っていた米吉翁が懐かしい・・・朝礼で6年間も聞いていたのに、校歌さえ忘れてしまいました・・。
by sakumans1 | 2005-07-20 16:42 | 会社

懇親会では市立柏高校の吹奏部の演奏がありました
c0038611_1152399.jpg

何人いるのでしょうか、5~60人はいるような大バンドであります

よく統一された部員達・・・毎日朝の5時から練習しているそうです・・・倫理法人会より凄い!



c0038611_1155148.jpg

アリランの演奏・・・韓流ブームなのでしょうか?、チョゴリを着てのパフォーマンス・・韓国に行く予定でもあるのかも知れません・・。



兎に角、高校生の直向きさ、そして熱意、全員のパワー・・・・何故か目頭が熱くなってきます


c0038611_122459.jpg
最後は沖縄の曲でした

この手前の男の子はずう~と頭を廻しっぱなしでした



c0038611_1284954.jpg

そう今は損する時・・・・こんな不況の時に仕事を頼んで繰れる、だから値段以上の物を作る。 それが評判を呼び次からは確実な仕事が出来る・・・。



学生の純情な・・素直と読む・・・演奏は感動を与えてくれる。今はひたすら良い仕事をし頑張ろう・・・。そのうち感謝の儲けが付いて来るから・・・。
by sakumans1 | 2005-07-19 12:17 | 日本の心

倫理法人会の25周年、4000社達成の記念式典が幕張メッセで執り行なわれました
国際会議場のイベントホール・・・なかなか良い会議場です
c0038611_19265838.jpg
千葉の単会はそれぞれ100社を達成し、見事に式典に花を飾りました



c0038611_19283343.jpg

夢限りなくの斉唱・・・・歌の斉唱は気持ちを一つに統一させます



c0038611_1930342.jpg
三代目の丸山敏秋理事長の講演



c0038611_19325850.jpg
6世紀にインドで0が発見された
ゼロ・・・・空位=直線を切る・・・→直線的に増えて行く物を一度切る・・・位取り
それは起点である・・・・サンスクリットの空即是色、色即是空の思想・・・。


打つ手は無限・・・・ボンヤリしていると気ずかない・・・人生は波動であり、螺旋である。
by sakumans1 | 2005-07-16 19:41 | 日本の心

夏の上棟式

久々の夏日、この炎天下で上棟式を行ないました
風光明媚な松ヶ丘の地に、延床50坪の樹の家がまた一つ誕生です
c0038611_17313288.jpg

ゆったりとした敷地、そして東と西面に二方向道路・・・工事には持って来いの環境です

しかしながら暑い日でありました・・・汗だくだくでした


c0038611_17341593.jpg

鳶の親方が下座に構えてと言う訳ではありませんが、通風で足が痛くて上の段に上がれませんでした・・・。
千葉の無形文化の呼称を持つ鳶の親方です・・・・息子と一緒に舞鶴を唄いに掛け付けました



c0038611_17393083.jpg

近所の方が、お施主に「キチンと掃除して、挨拶する良い大工さんよ・・。」と連絡が入るそうです



仕事の前に、まずは仮設便所の掃除、現場の片付け、挨拶・・・此れが出来て一人前の社会人であります
また本日も良い上棟が出来ました。当たり前の事ですが、無事な建て方作業に感謝であります
・・・ありがとうございました・・・。
by sakumans1 | 2005-07-15 17:53 | 会社

霧雨・・・仕事師

テレビの番組で一番の視聴率は天気予報との事である
本日も曇りのはずが、朝から霧雨・・・そして小雨
簡単にお清めをして地鎮祭を済ませたい、余り派手にやりたくない・・・そんなお客様の要望で起工式を執り行いました

c0038611_1451175.jpg

当初はテントもいらない野天で良いとの事でしたが、小雨が降るので急遽テントを張りました
お陰で営業の伊藤さんは泥だらけ・・・・見事な活躍でした



c0038611_14532627.jpg

お施主は昔「私も仕事師だったんですよ・・。」と中々詳しい、懐かしいタイプの江戸っ子です
厳しい検査で地縄を3回も張り直したそうであります・・・近所に心使いする為でしょうか・・。



c0038611_1458062.jpg

本当に恵みの雨でした・・・何しろお客様の為に、泥まみれになる!こんなチャンスは滅多にあるものではありません。
お陰様でとてもよい起工式でありました。


たまに神主を呼ばずに起工式を行ないます・・・地鎮祭とどこが違うかと言うと、降神をしないのであります。神主が申すに「素人が滅多に神様を呼んではいけない・・。」との事で、これをしない事になっております。

やはりお客様を立たせての起工式は、一生の買い物をするのにあってはならない事!・・・・・・本日、お客様の喜んだ顔を見て改めてそう実感いたしました。

現代棟梁田中文男氏の言葉・・・仕事は上を見て、暮らしは下を見て・・・
・・・・・・・・皆さん女房に言って見て下さい・・・責任は取りませんが・・・。
   
by sakumans1 | 2005-07-14 15:15 | 会社

海星庵・・・その2

海浜公園の展望台・・・・赤レンガ貼りのRC
この隣にひっそりと海星庵があります
c0038611_18375186.jpg

普段は立ち入り禁止でしたが、今日は外からの観覧がOKでした



c0038611_18392363.jpg

よく海辺の風で吹き飛ばされなかったもんです


c0038611_18403565.jpg
そういえば、ここには集会室があって、生け花やその他の講演も出来るようになっています


c0038611_18424123.jpg

柱に節があるから如何使うか・・・この時担当の設計士が、上下逆さでいいから使え・・これには一同ビックリ、ここからどうも怪しいとの観測が・・・一から図面の訂正が始まりました。



経験の無い設計士の仕事をやる事は、最大の不幸であります
よくその設計士の人柄と、作品を・・できれば全て・・・此れを見て判断したいもんです
一級建築士は本来住宅が専門ではないのです・・・・。
by sakumans1 | 2005-07-12 18:58 | 日本の心