倫理塾・・・・卒業式

経営者倫理塾なる、事業継承者のための勉強会があります
次世代の経営者になるための倫理法人会が催す塾の今年度の卒業式に出席しました
c0038611_1848877.jpg

いつかは実る時が来る・・・・・こつこつと小さな事から実践の積み上げ



c0038611_16553715.jpg
3組のチームによる夫々のテーマによる出し物がありました


c0038611_16595895.jpg
すべての基本は夫婦です・・・・・涙・・・・夫婦対鏡、夫婦は一対の相照らす鏡である



c0038611_1849156.jpg
整然と並ぶ若手後継者達



後継者にまず学ばせるのは企業倫理から・・・・商道の基本を学ぶ・・・・後継者でお悩みの方は是非お問い合わせ下さい、喜んでご紹介いたします
by sakumans1 | 2006-07-27 18:52 | 日本の心

今年1月に雪の中で地鎮祭を行なった市川の家・・・
日光桧、第一号のスローな樹の家が完成しました

c0038611_18542543.jpg
コンパクトに纏めた樹の家・・・・30坪弱ですがオープンな設計なので狭さを感じさせません



c0038611_18574113.jpg
造り付けのカウンター・・・収納がタップリ取れています


c0038611_18593451.jpg
今話題のハーフユニット・・・・とても暖かな、それでいて清潔な浴室をアピールします



c0038611_1954477.jpg
個室のロフト・・・・OMソーラーを採用しています


c0038611_1972175.jpg
戸建分譲地の一番奥に土地の条件付を外して購入されました。

廻りのお宅はガルバ鋼板を模造したサイディング貼りの建物であります。



出来た時が最高の建売住宅とこれからが熟成されていく、呼吸する樹の家との違いが、数年後にはスグサマ表れてくるのであります。

特に冬の時期には、太陽が棲む樹の家の段違いな居住性に驚嘆の感激を期待するところであります!!!
スローソーラーの日光桧第一号を是非ご覧下さい・・・・お問い合わせ下さい・・・
by sakumans1 | 2006-07-26 19:14 | 日光桧・スローライフソーラー

お盆・・・・日本の風景

今年のOM総会で行った小江戸の朝の風景
やはり、早起きは清清しく空気も澄んで映像も綺麗です

c0038611_1664255.jpg
オールウエイズ3丁目の夕日みたいな風景が拡がります



c0038611_1681575.jpg
一流は魂を込める・・・・すごい響きを感じました・・・・お盆にはピッタリであります!



c0038611_16113136.jpg
電柱のトランスまでノスタルジーを感じます


c0038611_1632439.jpg

静寂なる時の流れ・・・・


この連休に先祖の墓参りをしなければと思います。

聞こえなくても話したい
祭壇の前にぬかずく心、その心に人間がある

一流は心を込める・・・・・ありがとう、この一言を先に言って置こう
by sakumans1 | 2006-07-15 16:27 | 日本の心

いよいよ値上がり

6月までに登録頂いたお客様は、メーカーの値上げがあっても対処する・・・・
ここ数ヶ月、こんな説明を一生懸命して参りましたが、いよいよ雲行きが怪しくなって来ました

何と鉄骨の高止まりに続いて、鉄筋の高騰・・・おまけに職人の不足
型枠ベニヤの値上げと職人の不足、原油コストの上昇が目の前にまで迫って来ています
コンクリートの単価の上昇、二次製品と続くような気配

住設メーカーは今や今やと値上げを目論んでおり、一斉に品薄状況から値上げ攻勢に出てくるのではないかと思います

先日、アメリカから帰国したお客様が、昨年のアメリカはオイルショックのような状況で一斉に資材が高騰して大変だった・・・・
こんなお話をされていましたが、日本もその状況になりつつあるのかも知れません

そんな中で、本日真夏の地鎮祭を行ないました
c0038611_18463681.jpg

多分、あの時着工してほんとに良かった・・・こんな思いをするんだろうと思います


c0038611_18482447.jpg
本当に真夏日の暑い一日でありました。


今や金利も上がり傾向、この先状況は良くなるとは思えないのであります
弊社も今や選別受注しなくてはいけないだろうとの状況となりつつあります
今後考えられるのは、状況を見誤った安値受注による倒産ではないかと思われます、此れと決めた工務店にお早めに相談する事を、真剣にアドバイスいたします

・・・多分今年の年末はオイルショックの時のような、単価の高騰と品薄状況になっているのではと予測するのですが・・・・
by sakumans1 | 2006-07-13 19:02 | 会社

幕張地区にある真言宗の最も歴史あるお寺
宝憧寺・・・建立は1200年前との話でした
大成建設との仕事で平成11年に落慶法要を行ないました

c0038611_1963260.jpg
千葉市では一番の大きさではないかと思います


c0038611_1981555.jpg
落慶法要の時の建立された掘建て柱がそびえ建ち、その周りを稚児行列が取り囲んだ・・・それは古の絵巻物を見るような、歴史ある法要式でありました


c0038611_19122065.jpg
この現代的な庫裏を今リニュアルしています


c0038611_1913282.jpg
アルミ鋳物・・・・この製作には随分と神経を使いました・・・確か3回造り変えたのでは・・・。


ちょうどリニュアルがあったので、カメラに収めて来ました。いつもは電車から眺めるだけであったので、良い機会でありました。

落慶法要の時・・・・大僧正が、立派な寺が出来たからには業に確りと励むように・・・・・結構これがベランメイの口調の大僧正だったのが印象的でありました。
by sakumans1 | 2006-07-06 19:20 | 会社

何と東京の下町での工事がスタートいたしました
押上、錦糸町の町並みはすっかりと変わり工場のイメージが・・・テクノポリスへと変わりました

c0038611_1884597.jpg
かえって都内の方が、3F建てといっても違和感が無いので仕事は遣り易いのかも知れません


c0038611_18111149.jpg
押上の宮司は千葉県護国神社の宮司の先輩と言う事で、随分と親近感がありました



c0038611_18134553.jpg
通る人が、おめでとう・・声を掛けてくれる・・・下町の良さをしみじみと感じます


黒木設計室の設計管理ですが、また素晴らしい仕事のコラボレーションを期待するところです

都市の家3階建・・・・随時お知らせ致しますので、是非お問い合わせ下さい
by sakumans1 | 2006-07-05 18:25 | 会社

松田刀匠の高松宮記念賞受賞のお祝いを内輪の有志一同で行ないました
先日の文化庁長官賞に続いての受賞・・・・素晴らしい年となりました

c0038611_19213651.jpg
この高松宮賞は日本美術刀剣保存協会会長として橋本龍太郎氏より贈られております



c0038611_19281083.jpg
そして日付は平成18年6月6日とありまして、故橋本龍太郎氏が書き記した最後の書名ではないかと思われます

橋本元総理は少年の頃より剣道に励み、日本刀の造詣も可也の深い認識があったとの事であります。


c0038611_19332428.jpg
井上新甫先生による祝辞・・・いつも書面にして差し上げる心使いには敬服致します

・・・松田さん、高松宮賞受賞、おめでとうございます。この一年を顧みますと、昨年は文化庁長官賞、スウェーデンからの招聘、千葉県伝統的工芸品保持者としての認定、また先には鍛刀場の火入式、さらに今回は高松宮賞と大きな収穫つづきであり、まことにうれしいかぎりであります・・・・。


c0038611_19413910.jpg
今度一等をとったら世界で一番の輝きのダイヤモンドを贈りましょう・・・こう重富豪さんが言われたそうであります・・・・・あっと言う間に現実となり、重富さんの心の篭った全反射のブリリアンカットのレッドダイヤモンドが送られることとなりました


c0038611_1947273.jpg
あとのこるのは正宗賞・・・・これに精魂込めてチャレンジしたいとその決意を語る松田刀匠・・・

この夜の奥様は誠にソフィスティケイトされ素晴らしく輝いておりました


松田刀匠から一番の弟子であり一番の信頼する理解者は家内であります、夫唱婦随で今日の作品が誕生しました・・・・・

作品、人格共に輝きを増し歴史に名を残す人なのでありましょう
                           ・・・・素晴らしい未来に万歳であります
by sakumans1 | 2006-07-04 19:59 | 日本刀

負け続けの人生

一度の負けで落ち込んでしまった日本の国・・・参拝は朝早く、人に見せるな?

ワールドカップで見せた日本のサッカーの世界での実力・・・通用したのは中田だけか?
嘘は言わないが、本当を言わない日本のマスメディア

同じ負けでも質実剛健のドイツ・・・ゲルマン民族って全体の何パーセントしかいない?
狩猟民族のスポーツか、ゴールなければ獲物にありつけない
覇気がないのは・・・・勝つ事を、教えない教育の差ではないのか・・・。

ある人の生涯に衝撃を受けました

c0038611_175063.jpg

倫理での講演会でこの講話を聞きました


座右の銘ではありませんが事務所の壁に掛けてあります

まだ、今からでも間に合う・・・そんな思いでありましたが、いつしか歳も追いついてしまいました

日本の教育ですが、勝つ事を教えない事と同時に、負ける事・・・負け方も教えないと感じるのであります。

よく仕事で相見積りをして負けます、すべて値段だけ安ければOKとのマスコミの影響で信用もメンテも関係ないのであります。挙句は小さい所の方が安心などと言われ適正規模も合った物ではありません。

そう、ここで肝心なのは負け方であります・・・・・後でやはり佐久間さんにしておけば良かった、こう言わせる様に最後までフォローをきちんと、けじめを確りとしておく

いつかはこのリンカーン大統領のように最終目標を、あるべき姿を勝ち取ると信じ続けるのであります!
by sakumans1 | 2006-07-01 18:15 | 日本の心