住い塾の開催

事務所のリニュアルに合わせて住い塾を開催しました
その後見学会も兼ねているので、辺りだけの講演になってしまいました

c0038611_17464596.jpg
久々の勉強会でした・・・・ふるさとの森の「桧暮しの家」発表会
第一回の講演のスタートです


c0038611_17502371.jpg
10年振りのリニュアルがすっかり片付きました
1Fはショールームとしてスタートします



c0038611_1813988.jpg
何とかお客様用トイレが完成いたしました
ほとんど在庫で行なったのですが、何故便器が揃っているのか・・・・こんな在庫があるのが不思議と言うより情けないのです・・・。


c0038611_1823793.jpg
サッシは樹脂サッシ・防犯ガラス対応の連装タイプ
10年前は男子トイレが大きなスペースを取りましたが、今回は女性トイレが大きくなりました
この十年確実に女性が占める地位が逆転したようです


今回は自然派住宅・・・・シックハウスを考えるでありました
このシックハウス症候群、自宅に居ると具合が悪く外に出ていると治ってしまう。そんな酷い症状の病気であります。
東大の柳沢先生曰く「症状があるからまだ病気と分かるから良いのです。これが症状が出なくなった時に本当に恐い病根となってしまうのです・・・・。」
まさにシックハウス症候群では何とか対策をとり対応取れるのですが、これが過敏症や慢性症となったときには、手の施しようがありません。

病気とは病名が付くまでは病気として認められない過酷なものであります。ましてや気付く事無く、何かおかしいと常にストレスを感じているといつかその緊張が弾け飛んで、倒れてしまう事にもなりかねません。

国家の品格の中で、フランシスコ・ザビエルが日本に来て、「この国の人々は貧乏を恥としない・・」事に驚いたそうであります。かつて武士はひもじくも高貴であり人々の尊敬を一心に集めておりました。
今や豊かになった日本人、貧乏というプレッシャーの隙間風の中では病気する間もありませんが、豊かという得たいの知れないストレスの中では便利が不便であり、大いにハウスメーカーの推奨する化学建材の中での便利との戦いを強いられているのであります。

「安全も健康も、すべて自然の恵みや仕組みから得られるもの、それが幸せの基である!」
そう気付いた時から佐久間工務店の家作りは変わりました・・・・。
次回は11月18日に佐久間OMホールにて第2回目の講演を行ないます、奮ってご参加下さい
by sakumans1 | 2006-10-28 18:34 | 会社

手の空いた時に、何て思っていたら全然進まず
でもやっと形が見えて来ました
c0038611_1734944.jpg
頭の痛かった30年来の百日紅の木の移植も何とか出来ました
植木って中々切れません・・・・ほったらかしで申し訳ありませんでした・・・。



c0038611_1781947.jpg
実験的に集熱屋根を組み込みました・・・・一年後が楽しみです


c0038611_1712756.jpg
5年前のOM集熱パネル・・・・結構綺麗です


来週は久々に勉強会を企画しました
今後の佐久間工務店の目指す家作りを一段と鮮明に打ち出す時が来ました。

今、土地がミニバブルの様相であります。公団に加盟しているので千葉方面の土地情報をお知らせ出来ます。是非お問い合わせ下さい。
by sakumans1 | 2006-10-21 17:19 | 会社

SHS友の会の一周年のお祝いに横浜へ行って来ました
我が人生の大先輩である小林住宅の主宰するライフワーク事業であります
NPO法人の認証を取り活動しての一年目・・・・大きく船出した感があります
c0038611_917255.jpg
家つくり援護会の代表小山先生が、家は買う物ではない、住い手が作るものだとの講演を2時間に渡って熱心に語りました


c0038611_9192780.jpg
東大の名誉教授であります柳沢先生のシックハウスについての講演が続けてありました
ためしてガッテンに出演した先生です


シックハウス症候群・・・・・この症状として、目眩がする、胸の鼓動が早くなる、いろんな所の痺れや痛み、メニエールのような、眠れない・・・等々、自律神経失調症と言った様な様々な事が報告されています。
しかし、家から離れると具合が良くなる、温泉なんかに行くと治ってしまう。そう、せっかく建てたマイホームから離れると症状が良くなる人をシックハウス症候群と呼ぶそうであります・・・・知らなかったな~・・・・・。

さらに柳沢先生の講義・・・・接着剤として使われるホルマリンと尿素が、水分によって分離する事から、ホルマリンが空気中に解放されて人体に悪影響を及ぼすのだそうであります。
驚いた事に、この化学分解は接着力がなくなるまで永久に繰り返すそうで古い家だからと安心は出来ないとの事でありました。特に家具については裏面とか小口から大量のホルマリンが噴出している事が報告されています。

思い当たる事として・・・・昔マンションに住んでいた頃、春先に目眩がしたり胸の鼓動が早くなったり・・・・そんな症状があり、自律神経かな?と悩んだことがありました。考えてみるとあの長谷工の安普請マンション、結露してカビだらけだった様に思います。元来ホルマリンはカビ止めであり、そういえば結露してもクロスにカビはありませんでした。昔の澱粉糊での赤や青や黄色のカビが健康だったのかもしれません。
健康被害・・・・・改めてこれからの家作りを考え直さなければアスベストのように将来に禍根を残す事になりかねません。

柳沢先生いわく・・・・・環境にやさしく真剣に取り組む企業が、消費者に最大の利益をもたらすのであります。・・・・・ドイツでは70%の国内自給率、日本は20%程度、それは民度の違いとも言える、賢い消費者を作るためにもこのNPO法人の活動を広げたいと思います

SHS友の会は神奈川で発足致しました。まずは関東で広める為にもまずは千葉で設立する事が望まれます、いざ旗揚げのその日が近づいて来ているのを感じました。
by sakumans1 | 2006-10-04 10:21 | 会社