<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

知覧

日本人が一度は行かなければいけない知覧の記念館にやっと行く事が出来ました
鹿児島は思ったより寒く、どんよりとしていました
c0038611_1893397.jpg
観光バスが何台も止まり、知覧銀座みたいな状態でした


c0038611_18112680.jpg
内部の撮影は禁じられているので外部のみの撮影でした


c0038611_18123811.jpg
最年少は17歳で、最年長は34歳・・・・アサヒグラフの少年飛行兵に憬れて14歳で入隊し、祖国のために特攻で爆沈する。素晴らしい達筆なる遺書とは別に、たどたどしく書かれた文書を目の当たりにして涙が止まりませんでした。


c0038611_18185428.jpg
鹿児島の故郷はやはり桜島・・・・この地の雄なる男、シンケンさんを訪ねました


人口50万か60万ともいう鹿児島に一人気を吐く男がいます。どうしても一度は行かなくてはと思いつつ、やっと訪ねる事が出来ました。それと、絶対に行かなくては行けない日本人の約束として、あの特攻隊の基地である知覧に行って参りました。

特攻した飛行兵の内、一番多い出身地は東京の八十余名でありました。
特別室での説明があり20分程の戦時の話がありました。掲げられた遺書の宛名は、大抵がお母さんであり、その思いが胸を打ちました。
by sakumans1 | 2006-11-30 18:32 | 日本の心

体験学習・・・・中学校

地元の中学校1年生を集めての社会体験学習に呼ばれました
薬局に魚屋さんに歯医者さん、そして工務店と町の顔が揃いました

c0038611_1961184.jpg
一学年で3クラス、全体で90名の中学校でした
講堂がとても広く感じました
校医を務める歯医者さん・・・この先生に頼まれての講演でした・・日頃のお世話の恩返しであります


c0038611_18532044.jpg
教壇の前に立つと、生徒の顔がとても良く見えます
こんな子達が、何で自殺するのかとても考えられません。まるで小学生のような子ばかりです。


c0038611_18585784.jpg
子供達の目線で語る・・・・凄く勉強になります。
子供達の一番成りたい職業のベスト3に大工さんがいつも選ばれます。家を造る仕事はやはり一番身近で親しみがあるようでした


4名の講師の話はタップリと二時間近くにも及びました
最後に質問タイムがありました・・・その中で工務店の私に質問が集中しました

質問なんか無いだろうと思っていたら、結構活発に手を挙げるのです・・・・中でも
「会社が潰れそうなときってありますか?」ドキンとする質問が来ます・・・・きっと家に帰ると自分の親の景気が悪い話を聞いているのかなと思いました。

「もちろんあります。しょっちゅうあります!会社はチョット油断していると、すぐに悪くなるのです。挨拶の悪い店、汚い店、返事の無い店、特に元気の無い店、こんな所は直ぐにでも潰れてしまいます。挨拶、返事、後始末これが全てです。特に脱いだ靴を揃える、これが一番大事です。」

この後でした、「みなさん今日は・・。」と挨拶したら、物凄い元気の良い返事が返って来ました
打てば響く・・・・・一度は教師をやってみたいと、羨ましく思いました

最後に、「国家五十年の計は植林にあり、国家百年の計は教育にある!・・・・百年先を見据えて先生達は頑張って欲しい!」こう檄を飛ばして終りました
ちょっと生意気言って先生に嫌われたかも知れませんが、楽しい時間を過ごしました

矢部歯医者様、この貴重な体験ありがとうございました・・・・感謝です。
by sakumans1 | 2006-11-17 19:34 | 日本の心

完成の時

いよいよ日光桧の家が完成の時を迎えました
閑静な学園の街にまた一棟、ふる里の森の家が誕生しました
・・・・都市に森を作る・・・・今後のテーマであります
c0038611_18512275.jpg
このシンプルな木質感が好きです・・・そうラフォーリアの2Fの感覚です


c0038611_18533527.jpg
手作りなキッチン、住まう方の個性が引き立ちます・・・・とてもグッドなセンスに今のナイスミドルの感性が溢れます


c0038611_1858348.jpg
2Fのリビングは小屋裏もオープンで温かな空間を作ります


c0038611_192330.jpg
この手作りな洗面、夢が拡がるスペースです。シックハウスが問題になる昨今、オールデイズなタイル貼りの洗面、キッチンはとても推奨する仕様であります


本当はもっとご紹介したい処があるのですが、サラッとした説明と言う事で最小限のご紹介となりました。いつかは建て主を交えて、ティータイムを持つ、そんな企画を考えたいと思います。

また新しい樹の家が誕生しました。そこで、ふる里の樹の家物語が始まります・・・いつまでも、お幸せに!・・・・ありがとうございました。
by sakumans1 | 2006-11-07 19:16 | 日光桧・スローライフソーラー

地下工事

縁あって只今都内で地下室のある商業ビルの工事を行なっています
流石都内、西麻布の住宅地・・・・結構人通りは多いのです
c0038611_1748957.jpg
地下一階の基礎工事が打ちあがりました
ここまで来ると、切り梁を撤去となります・・・・地下工事のほぼ65%は終了となります


c0038611_17564065.jpg
今後予想される地下工事への対応として、実績の為にも良い現場でありました
やはり地下工事は3ヶ月は掛かります


姉歯事件から山留め工事に対しては非常に厳密なチェックがあります。
湧水が湧き出たり、地盤が弱かったりと多くの困難を乗り越えて、地上まで躯体が上がって来たときが建物のほぼ50%以上の完成となります。

今や都市型住宅はコンクリートの打放しが主流であります、現代モダン建築といえる様な建物を作ることにもいま、参加しています。
建築というものは本当に幅の広い夢のある、しかし汗と涙の蓄積でなしえて行くと実感いたします。一日も早く地上に顔を出して欲しいと願うのであります・・・現場マンの皆なご苦労様です・。
by sakumans1 | 2006-11-01 18:16 | 会社